多様な性をあらわす手話表現

*用語の意味はLGBTQ基本用語集をご覧ください*

●LGBTQ (色々なセクシュアリティの頭文字を並べたもの)

●セクシュアルマイノリティ (性的少数者/LGBTQの同義で使われ、略して「セクマイ」)

●性的指向(誰を好きになるか)

●性自認 (自分の性別をどう自覚しているか)

●SOGI(ソギ/ソジ)英語での性的指向と性自認の頭文字を並べたもの。

●セクシュアリティ (身体の性別、女/男らしさ、恋愛対象などを含めた性全般のあり方のこと)

●レズビアン         ●ゲイ          ●バイセクシュアル

●クィア (LGBTQの総称。「変態」という蔑称でしたが当事者により肯定的な意味で使われている)

●A(エイ/ア)セクシュアル (人を好きにならない人。恋愛やセックスに興味がないなど様々)

●パンセクシュアル (LGBTQも含めて全ての性のカテゴリーを恋愛対象とする人。全性愛者)

●ストレート   (異性が好きな人。異性愛者)

●トランスジェンダー                                      (身体の性別とは異なる性別を生きる/生きたいと望む人。手術をする人もいればしない人もいます)

●シスジェンダー (トランスジェンダーの反意語。出生時の身体的な性別と性自認が一致している人)

●Xジェンダー(性別にとらわれずに生きたい人。中性/無性/両性など表現はさまざま。)

●MTF (男性として生まれ、女性として生きる/生きたい人)

●FTM (女性として生まれ、男性として生きる/生きたい人)

●インターセックス

●ポリアモリー (恋人を一人に限定せず、複数持つこと。一対一の恋愛に縛られたくない人)

●モノガミー (一対一で付き合うこと。特定の一人の人との付き合いを望む人)

●カミングアウト

●クローゼット (自分のセクシュアリティを秘密にしておくこと)

●アウティング (他人の秘密を本人の許可なしに暴露すること)

●アライ (問題の当事者ではないが積極的に支援し、協力的な人のこと)

使わないようにしましょう!人によっては気分を害する表現です。

●おかま               ●ホモ